第2回シーサイドライダーズカップ

5月13日(日)、お台場の新スポット「ダイバーシティ」前にて
第2回シーサイドライダーズカップが開催されました。

目印はコレ!

実物大ガンダム!

このガンダムのふもとをストライダーキッズが駆け抜けました。

◆2歳クラス(1名出場)
見事、予選突破!準決勝進出☆
惜しくも準決勝にて敗退となりましたが、今回で2歳クラス卒業となる彼は今までとちょっと違う。
負けたことを悔しがり、しょげている姿。
「勝つこと」、「負けること」を1つずつ覚えて、また成長していくんですね。

◆3歳クラス(2名出場)
まず予選E組で、余裕の1位で予選突破!
続いて予選K組で、2位にてこれまた予選突破!2人揃って準決勝進出☆

そして準決勝でも2位につけて、1名が決勝進出☆

うわぁ~!決勝戦にチームメイトが進むなんて!!

子どもよりも親のほうが興奮する中(?)、いよいよ決勝戦。
ゴール付近でドキドキしながら待っていると、なんと3位で帰ってきました!

うちの子じゃないのに、うれしくて泣きそう。。。

抱えきれないほどの賞品もいただいて、表彰台に立ちました☆

そしてお昼を挟んで。

◆4、5歳クラス(2名出場)

本家のSTRIDER CUPでも4、5歳としてくくられているこのクラス。

年少~年長という異年齢の選手層の厚さもあり、残念ながら結果を残せず。
敗者復活戦でも復活を果たせず。

でも大会終了後に開放されたコースでこんな走りが見られました。

我がラスティーズの赤Tシャツ軍団☆

子どもたちのほうから「みんなでレディー・セット・ゴーしようよ!」という声が上がり、
何度も何度も飽きることなく、コースを走り回っていました。

その笑顔の楽しそうなこと♪

それに今回は気持ちの面でも、子どもたちのいろいろな姿が見られました。
負けて悔しがったり。
とても緊張した、でも真剣な顔つきで走ったり。
仲間が勝ち上がる横で、複雑な気持ちを抱えていたり。

うちの息子はレースで最後の走りをした後に、泣きそうになっていたので声を掛けました。

そうしたら一言「疲れちゃったから。」と。

本当は疲れちゃったから泣きそうなんじゃなくて、負けたから泣きそうなんだけど、それを隠したんだろうな。

2歳、3歳、4歳、5歳、とまだまだ小さな子どもたちですが、
レースを通してたくさんの気持ちをつかみとっていくのだと思います。

最後になりましたが、この大会は開催場所の豪華さもさることながら、
レース運営がとてもスムーズに進んでいたり、たくさんの協賛企業がついていたり、
自分たちと同じような、パパさんママさんたちの手で作られている大会だと思えないほどでした。

シーサイドライダーズカップ運営委員のみなさま、ありがとうございました!本当にお疲れ様でした!

広告

2 Responses to 第2回シーサイドライダーズカップ

  1. 匿名 says:

    難しい幼少期のプライド男子。
    うちも1位で走行中にスっ転んでどうしていいかわからないまま流れに身をまかせてゴールしましたが、その後ギャン泣きでした(>_<)
    続いて団体戦だったりすると、子供の気持ちをどう切り替えたらいいか悩みました。
    そして、子供ながらにかなり緊張するようですね。
    親は楽しんで頑張ってきてね~なんて軽く声がけしていましたが、止めたほうがいいなと…
    それから、楽しんできてね(^^)/ って声がけするようにしたんです。
    うちの子にはそれが良かったのかその後からいいですよ(^_-)-☆

  2. rusteze says:

    >匿名さま
    子どもへの声のかけ方って、その子にもよるし親としては悩むところですね。
    でもそうやって親子ともに成長していけるのもレースのいいところかなと思います☆
    お子さんへのベストな声のかけ方がつかめたんですね。これからも楽しみですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中