【5/23】ストライダーエンジョイカップ としまえん1日目

「なに〜!また転倒!」
転倒はレースには付きもの。速いだけでは勝てない。
強いものが勝つのではない、勝ったものが強いのだ。

それは、十分にわかっている。でも、、、なにも今日ここで、、、

2015年5月23日(土)
ストライダーエンジョイカップ@としまえん。

その名に恥じぬエンジョイっぷりはとうとうここまで来た。
遊園地。そこは子どもの夢の国。公園の遊具とは一味も二味も違う特別な世界。もうエンジョイしない訳にはいかない。
さあ遊べ、子どもたちよ。

01

02

03

そしてそのど真ん中で繰り広げられる戦いの場。
04

そこではエンジョイという名の下に繰り広げられる真剣勝負の場。

 

◾︎2歳 女王編
女王はいつか女王ではなくなる。厳しい冬の時代が訪れるのだ。ストライダーという過酷な競技にのめり込んだものが必ず支払う代償。クラスアップ。
女王は誕生日を明日に控える。今日が最終日。エンジョイ遊園地、女王の最後の舞台として不足なし。

そう、決勝までは敵なしだった。いや、決勝だってダントツトップだったのだ。最終コーナーでまさかの転倒。。。次々と抜かれて4位となった。

05

06

有終の美を飾ることはできなかった。しかし女王はやはり女王だ。わずか2歳。レースで初めての転倒。しかもゴール直前。優勝が目の前。
それでも彼女は泣かずに立ち上がった。その姿はまさに女王と呼ぶのに相応しい貫禄に満ちていた。

明日からは3歳クラス。また庶民に戻り少しずつ階段を昇ってゆく。再び女王と呼ばれるその日まで。

 

そんな女王の最後を讃えるかのようにガールズ賞が送られたのだった。

07

 

◾︎4歳 怒りのゆく末編

彼の場合は準決勝だ。予選を当然のようにトップ通過。しかし準決勝は強豪2名と同組となってしまった。決勝に行けるのは2名。狭き門。しかし今日の彼は集中力もあり、試走も順調にこなした。いける。負けない。
わずかに第一コーナーで3位。まだまだいける。コーナーの度に接近し抜きかけるも逃げられる緊張の展開。こうなったら最後の直線にかけるしかない!

08

と最終コーナーを回ったその時!

転倒。。。

すぐに立ち上がるも追い上げ叶わずに準決勝敗退となった。彼は女王の兄。奇しくも女王と同じ場所での転倒。妹の無念を晴らすのが兄の役目だったのに!
怒りの行く先はゴールで迎えてくれた父親に向かう。

09

いつまでも、いつまでも悔しさに耐えかねてオヤジに拳をぶつける。
心の広いオヤジは息子の無念を癒すように広い背中でジッと拳を受け止めるのだった。

10

 

◾︎4歳 エース編

11

どのチームにもエースと呼ばれる選手がいる。彼は間違いなくRust-ezeのエースだ。実績、実力ともに申し分ない。勝ち気な性格、負けん気の強さもエースの証しだ。彼もまたクラスアップを直前に迎えている。目指すは優勝のみ。

予選、準決勝を当然のようにトップ通過。強い。
決勝はグリッドも悪くない。優勝はみえた!
「う○ちでる」
えー!ここで!?
スタッフに事情を伝えトイレにダッシュ。
「やっぱりでない」
怒りたいいが時間がない。またダッシュ。
ゴーイングマイウェイもエースの証し。

スタートも完璧で第一コーナーをトップで通過!優勝がみえた!そのとき、、、

転倒。

優勝は幻に消えたのだった。

 

◾︎6歳 直線”福々”番長編

彼は前回のエンジョイカップもてぎで直線”福々”番長の称号を得た。
しかし”福々”は不本意。打倒番長を誓ってのエントリーだ。

12

番長とは予選いきなりの対決となった。リベンジには絶好のシチュエーションだ。負けられない!
気合十分のスタートで圧倒し1位でゴール。よし!まずは順調だ!
続いて準決勝。また番長との対戦だ。
ここも気合十分、1位でゴール。よしよし!もう大丈夫だろう。
そして決勝。またまた番長と一緒。よしよしよし!決勝で勝ってこそ本当の勝利だぞ。
しかし決勝はさすがに強豪揃い。しかも隣りグリッドには川軍団の最強王者がいる。嫌な予感。

案の定、スタートで最強王者の後ろに回されてしまい第一コーナーの集団に呑まれる。第一コーナーのトップ通過は当然最強王者。続く2番手は、、、番長だ!
く〜、決勝で負けたら予選、準決勝で勝っても意味はない。5番手から上位を狙うがさすがに厳しい!

しかし、中盤のヘアピンを曲がったところで、
転倒!   番長が!

2番手を走る番長が3番手の選手を巻き込んでの転倒。結果として3位でゴールとなった。
一応リベンジは果たしたとはいえ、微妙にスッキリしない結果となってしまった。

13

とはいえ入賞おめでとう!

 

レースとはドラマである。それぞれが主人公でそれぞれにストーリーがある。家族やチーム、ライバルとの交流があり、そしてレースをむかえる。それまでの努力の結果が出る事もあるが、不慮のアクシデントに巻き込まれることももちろんある。その全てがドラマを作り上げる。
だからこそ、そのドラマを大いに楽しもう。エンジョイ、ストライダー!ありがとうエンジョイカップ!

See you next race!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中